<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ところで、たまに書いてるワケわからん文。

あれなんやねんマジ意味不明ちょい説明しろや

って言う人いたら(ほとんどくさい)こっそり言います。
ここには書きませんが。

意味わからんけど別に聞きたないわww
って人もほとんどくさいですが(  ´ー`)

まぁ、少しでも何かイメージ見えればそれでおkやと思います。
で、それをこっそり言ってもらえるとうれしいかもしれない。





という宣伝。
[PR]
by bloodly_scene | 2006-04-20 01:16 | Others

祓月、訪

枯れた春
咲かぬ桜
風に色無し

冷たき兎は動じず
まして木草弥生い茂らん

昇りゆくは衣更着の月のみ


暖かい春はいつやってくるだろう
何をためらっているのだろう
春の色付き、遅くして彩色
春の香、遅くして流るる

そこはまだ、モノクロのような―

----------------------------------------------------------------------
いつも適当でお送りします駄文のコーナー。
あったかくなったなー思ったら寒なったり。
桜はすでに散り散り、まだ場所によっちゃ残ってますが。

…花粉の香、風と共に舞い、鼻孔をかすめる
そんな季節_| ̄|●
[PR]
by bloodly_scene | 2006-04-18 01:19 | ザレゴト

ドット・ミリオン

何気なしに通る道
通らなくちゃいけないワケじゃないのに
そこを通る

あなたに会えるかも知れないから

そこはあなたの家がある通り
もう会うことはなくなってしまったけれど
1以下の可能性に期待する

そうしてあの角を曲がるまで
何度も後ろを振り返る

角を曲がれば
別に期待はしていなかったと思い込む
それが嘘でもいい
自分が潰れてしまうから

所詮夢や妄想の類
だけど
コンマの希望は否めない

だから今日も通ります
小数点の道


-------------------------------------------------------
あんまり何も考えずに書いた(´Д`)
( ´Д`)人(´Д` )
[PR]
by bloodly_scene | 2006-04-13 01:48 | ザレゴト

ユメオモイ-マフユ-

気付けば君の隣を歩いて
笑顔が眩しい右隣
いつも君と帰り歩いて
他愛ない話 はずませてたね

だけど いつしか君と離れ
気付けば君は隣にいない


夢の中の君
逢えても寂しいよ...
覚めなければ幸せだろう

ずっと君の夢だけを見ていたくて
朝日を待つ
想いはせ...


気付けばDecember 16
舞い雪に反射して輝く
いつものように一人で
他愛ない話 思い起こして...

だけど 舞い雪 すぐにとけ
気付けば君は映らなくて...


夢の中の君
どうして現れるの?
忘れてしまえば幸せだろう

ずっと君の姿から離れられなくて
花束を捧ぐ
想いはせ...


変わらぬ背景の中...
影さえ日に落ち...
冬の道は灰色に...

集うユメ 透き通っていくよ
触れられないその世界
君を感じれなくて...


夢の中の君
もう一度逢いたいよ
君と歩けば幸せだろう

ただ望んだ願い叶えたくて
右隣をわずかに
想いはせ...




-------------------------------------------------------------
歌詞風に。
うーん、一つのイメージに捕らわれすぎなんだよなぁ…
単調単純で面白みないかも。
[PR]
by bloodly_scene | 2006-04-08 02:34 | ザレゴト