White and gray

目覚めれば朝。
零度の空気が包み、吐息はひたすら白く。

しかし、この空気はあたたかい。

凍てついた…
私の氷点下のココロに比べれば。

太陽の光では融ける事のないこの氷は
やがて私の思考さえも凍らせてしまうだろう。

だから私は、そうならぬよう熱い血液を全身に流し込む。
そうして行動するのだ。

凍りついたココロを融解させてくれる「あたたかさ」を求めて。

HeaT UP
Frozen heart―
[PR]
by bloodly_scene | 2005-12-09 08:19 | ザレゴト
<< of Juel First BLOOD >>