祓月、訪

枯れた春
咲かぬ桜
風に色無し

冷たき兎は動じず
まして木草弥生い茂らん

昇りゆくは衣更着の月のみ


暖かい春はいつやってくるだろう
何をためらっているのだろう
春の色付き、遅くして彩色
春の香、遅くして流るる

そこはまだ、モノクロのような―

----------------------------------------------------------------------
いつも適当でお送りします駄文のコーナー。
あったかくなったなー思ったら寒なったり。
桜はすでに散り散り、まだ場所によっちゃ残ってますが。

…花粉の香、風と共に舞い、鼻孔をかすめる
そんな季節_| ̄|●
[PR]
by bloodly_scene | 2006-04-18 01:19 | ザレゴト
<< 理 ドット・ミリオン >>