与え給う

その無意味な行動をいつまで続けるのか

何も叶うことはない

ただ夢を見ていたいのか

例えつかめても、それは幻想

そしてまた、離れていく...

でも、嘆くことはない

だってそれは、

はじめから決まっていて

はじめから分かっていたことだから

それは"あなた"がくれる、残酷なひとときの幸せ...
[PR]
# by bloodly_scene | 2009-03-11 02:44 | ザレゴト

マジワラナイ

何を求めているのだろう

本心を抑え込まなければならない現実

どれだけ近づいても

たった一言の言葉だけは言ってはならない

それは、すべてを崩しさる

二度として修復できない程に粉々にしてしまう

どれだけ堅牢に積み立てて来たモノでも

あっさりと壊してしまうほど、その力は絶大

悩み悔やみ葛藤し

だけどそれは、ただ自分一人だけのこと

その伝わらない、伝えられない想いに

一人悩む姿は

どれほど滑稽であろうか

冷静に考えれば馬鹿馬鹿しいこと

でもそれだけでは片付けられないこと

孤独な滑稽ショウはまだ続く...
[PR]
# by bloodly_scene | 2008-12-29 01:15 | ザレゴト

Role

自分の犠牲無しに
誰かを幸せにすることはできない
もっと力のあるものならそうではないのだろうが

ふたりが幸せになることは難しいが
ひとりの犠牲でひとりを幸せにできることは多々としてある


それこそが自分の役割であり
それこそが自分の存在意義

そもそも"犠牲"と言えるのかも確信はできないが

少なくとも自分が何かを失え
それが自分以外のものの為になったのであれば
自分の役割が果たされ
その存在に意味があったと思ってもいいのだろうか

その思いが伝わらなくてもいい
自分が納得できればそれで構わないのだろう


そして

その役割も意義も失くしてしまったとき
その"すべての犠牲"を
自分の為に払おう
それは最初で最後だから

そうすればきっと

救われるから
[PR]
# by bloodly_scene | 2008-10-22 15:21 | ザレゴト

爽やかな日常

自分の存在意義とは何だろうか。
どれほど必要とされているだろうか。

必要な存在は、突如として邪魔な存在にさえなりうる。
自分がいることが、自分が関与することが、それが邪魔なものに。
そうなれば残された道は二つ。
自分から離れるか、それとも離されるか。

どちらの選択肢が楽なのか、考える必要はないだろう。

しかしその境目にいる時…つまり、必要かもしれないし邪魔かもしれない。
そんな状態を、いかに平静を保って見届けようか。
行動しても完全に必要にはなりきれない。
だけど、邪魔者扱いにもされない。

おそらく行動は、大事な事なのだろうが。

その狭間はとても重く狭いもので。
いつ平静の心が押し潰されるかもわからない。
それは既にキシミを上げているというのに。

少しでも和らげるように
今日もこころをカラにして、先ほどまでは青かったあの雨空を眺めているしかない。
[PR]
# by bloodly_scene | 2008-03-23 00:51 | ザレゴト

ラガーマン

耐えろ
信じろ
諦めるな
下を向かずに
前へ
ひたすら
今できることを
自分にできることを
目をそらさずに
だけど想いだけを急かさずに

どれかではないすべて
それが私のすべき事である

道は踏み外さない
前を見ているから
後ろの出来事は鼻で笑ってやるさ

進め
前に見える景色が夢ではないことを証明する為に
[PR]
# by bloodly_scene | 2008-01-31 02:41 | ザレゴト

Last Dance

「ごめんね」

重い一言を受け止めるのは、なかなかの苦痛で。

大きなものを動かしたのは、ただの長い時間よりも、少しの時間と執念、一所懸命さ。

時間があればものごとは動く。
だけど、その流れに"行動"がなければ、それこそ無駄な時間。
飛行機でハワイに行くのと、地殻変動で日本とハワイがくっつくくらいの差。

最初に掲げた意思は、結局何も果たせずに。
今まで何をしようとして、何をしてきて、何がしたいのか。
この期になって改めて深く考えるようでは、到底敵わないであろう。

人を幸せにするのは、不幸にするほど簡単ではない。
でも、自分さえ不幸になれば、幸せになる人もいるかもしれない。
昔から変わらない。
そういう道を選んで行かなくてはいけない。

どうせできないことなら…
後悔するくらいなら…

そう思って最初から諦めるのか、今度こそ、とがんばってみるのか。
葛藤の末にがんばってみる。

大抵は、願い届かず、そして後悔してしまう。

傷つける怖さと、失う怖さ。
考えるだけで胸が痛くなって、腕が震えて、涙が出て。
その怖さがわかってるのに、何故…

こんなときは、悲しいBGMに、よどんだ心を突き通す爽快な青空を仰いでみる。
そのときばかりは…わずかばかりのその瞬間は、無心で唯一救われる"時間"。
そして、千の感情のこもった笑みがこぼれる。

その"時間"が終われば、やってくるのは現実で。
千の感情の中から、適度なものを選び出しながら、ちっぽけに生きていくだろう。
むしろ、感情さえ使わずに生きていく方が後々面倒な事にならないかもしれないな。


だからこそ、これが最後。諦めない、最後。
諦めなくても、ちっぽけに生きていくことになるかもしれない。
でも、どうせ最後なのだから、やってみるしかない。

入り組んだ想いは解けない。
そしてそれが、互いに繋がるかどうか。
やってみるしかない。



どんな最後であっても、どの道俺はこう言うだろう。


「ごめんね」
[PR]
# by bloodly_scene | 2008-01-26 02:09 | ザレゴト

難題

悪いのは他の誰でもない。
非力で、無力で、変化のない自分自身。
そんな者の声など届くはずもなく。
結局は無駄な時間を過ごす事になる。

ではどうすればいいのか?
どうすればいいのかわからない。

何か方法はないのか?
何も思い浮かばない。

時間が解決してくれる?
それは一体いつなのか。

投げ出す?
投げ出せない。

我侭この上ない鏡に映る者。
変化を見出せるわけでもない、慰めにもならない、小さな癒しさえ与えられない。
むしろ、苦しめているだけなのか。

名ばかりの希望を持っている訳ではない。
かすかな可能性までも捨てた訳ではない。

どうにかするしかないのだから。
それができなければ、本当の絶望が待っているだけ。
私の進む道はどちらであろうか。
[PR]
# by bloodly_scene | 2007-09-18 01:01 | ザレゴト

狭間へ

複雑に絡まりあった城から見える光景
そびえたつ山々
はるか高い青空と雲
わずかに聞こえるのは
かすかな大気の揺れる音
空が暗くなることはない
そもそも時間の概念のない世界
何故ここにいるのか
理解不能
むしろ
知ろうとすることさえも思考にはなく
ただその絶景に
小口を開けて見入るのみ
そして踏み出す
歩くのは空気の上
どこへ向うでもなく
ゆっくりと
器に心はすでにない
この世界にはない
どこかのもう一つの心は
何を想っているのだろうか
虚空
陥る場所とは
そんなもの
[PR]
# by bloodly_scene | 2007-08-22 02:12 | ザレゴト

o bo ro

そんな時は、蒼い静寂に包まれよう

佇む月の光を浴びて

意識はその世界に溶け込む


ただ躰は漂い

蒼き視界の中に光を見つける

すくえない月はユラユラ


ここで落ち着こう

ここで眠ろう

今はまだ夢でもいい

目を閉じて感じよう

言葉では現せないもの


流れる月と波と時に身を預けて...
[PR]
# by bloodly_scene | 2007-06-05 01:37 | ザレゴト

若草光色

目の前で変わり行く信号
その横には変わらない月色
高架のすきまから、家のすきまから、雲のすきまから覗かれる

気づけば開けた川辺で対峙する
目を離さずにただじっと見つめて
吸い込まれるように、虜に

橋の上で立ち止まる
そこを下ればもう見えなくなるから
かすかな雲が周囲を飾れば
台紙は賑やか

ふいに風が抜ける

顔を背けた
そのとき見えた景色
これが対峙していたものの見ていた景色
実際はきっと、もっと大きくて賑やかだろう

しばし時間を忘れる
共に同じものを見続け
背に受けるやわらかな光は暖かかった
[PR]
# by bloodly_scene | 2007-04-08 01:39 | ザレゴト